福岡市の税理士・世利です――

物心ついて読み始めたマンガは、何故か〔冒険王〕〔冒険クラブ〕
そして少年マガジンなどの少年誌、長じて青年誌。

〔りぼん〕〔マーガレット〕という少女漫画には目もくれませんでした。
女性漫画家の作品に触れる機会はほとんど無かったのですが、
唯一の例外が萩尾望都です。

もうとっくに大人になってから出会った、
〔ポーの一族〕
鮮烈な印象を受けて、読みふけった記憶があります。

〔一瞬と永遠と〕は、萩尾望都のエッセイ集です。
文章もお書きになるとは知りませんでしたが、
書店で見かけて即購入しました。

一読。エッセイの文章がそのまま”詩”

ポーの一族の作者:萩尾望都に対するイメージと、
エッセイがピッタリ重なって、まったくズレを感じませんでした。

この感受性ゆえのあの作品! 心底納得。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。