福岡市の税理士・世利です――

就業規則等の社内規定により、副業禁止の企業は多いと思います。
『具体的な損失を勤務先企業に与えたり、競業企業でなければ、
私生活の過ごし方は私の自由!!!』

と知っていても、規定があると、なかなか副業をする踏ん切りはつきません。
するとしても、何となくヒッソリ、コッソリ???

これは終身雇用・年功序列が保証されていた時代の名残だと思います。
大手企業で、大リストラが頻繁に実行される時代に、拘束だけは昔通り……。

さすがに違う風が吹いてきて、副業を奨励する企業があるようです。

・”視野を広げる”という点では、本人にも所属企業にもメリットがあります
・新たな出会い/コネクションが役立つかもしれません
・発想を硬直化せず柔軟に、という意味でも有意義です
・業務抱き込み、ブラックボックス化が防げるかもしれません

本来の業務に支障をきたさない、というのは大前提として、
かわいい社員には、旅をさせましょう!?

 

(この記述内容はあくまで一般的なケースでかつ詳細は割愛しています。ご了承下さい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。