福岡市の税理士・世利です――

アカデミック・クォーター。
どんな知識人による集まりであっても、開始15分遅れくらいはやむを得ない、
その程度は遅刻する人物がいるものだ……という意味だと昔モノの本で読みました。
(さきほどネットで確認したら、どうも意味合いが違っているようで???)

企業では、出席者の時間そのものがコストですから、
定刻に始めるのは鉄則です。

それなのに、必ず遅れ気味に来る方がいます。
必ず遅れ気味なら、必ず早めに来ても良さそうなのに……。
何か深層心理の働きがあるのでしょうか。

必ず、ならまだ良いのですが、
参加者によって、早く行ったり遅く行ったりする方もいます。

つまり、相手が自分より”下”と判断すれば少しだけ遅れていく方。
これは明らかに示威行為ですから、こういう方には要注意!

会議・ミーテイング・打ち合わせ。
どういう行動をとっているか、観察するのも結構役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。