福岡市の税理士・世利です――

業務上のちょっとした記録を含め、何につけてもPC等を使用し、
手書きは本当に少なくなりました。
漢字をどんどん忘れています。

忘れるのも困りますが、手書きが脳に与える刺激は、
キーボードの文字入力とは別のような気がします。

脳の活性化を考えると、[これは手書きで記録する]というものを、
一種類だけでも決めておいたほうがよさそうです。

自分の手で、伸び伸びとフリーハンドで何かを書くのは、
制限されたキーボードの上での作業とは、違う効用があるようです。

ところで、タブレットやスマホでの[タップ]という行為。
これは逆に、昔はしなかった動作です。

脳の、今まで使っていなかった領域を使っているはずです。
どういう影響を与えるのでしょうか。

タップ以前、タップ以後で人類が変わるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。