福岡市の税理士・世利です――

GWに、映画:[レヴェナント・蘇りし者]を観ました。
ストーリーはごくシンプルで、圧巻その①は大自然の映像。

”大自然”という単語を文章で使うのは生まれて初めてですが、
そう表現するしかない迫力でした。

抜群のカメラワークで、
現実に自分では一生見られない光景を、観ることが出来る、
映画は素晴らしい! 過酷なロケをありがとう!

自然も野生動物も、とてもじゃありませんが甘くなどなく、
凶暴で、獰猛で、生き抜く強さに満ちて美しい。
人間の存在は、本当にごくごく小さいと実感しました。

圧巻その②はディカプリオの演技。
いやもお、大丈夫ですか~???と言いたくなります。
何かに憑りつかれているような、何かが降りているような。

かなり長時間の映画ですが、少しもそう感じませんでした。
圧倒、圧倒、また圧倒。
何年経っても覚えていそうな映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。