福岡市の税理士・世利です――

懐かしやフランク・シナトラ。

今は少なくなった街のレコード屋さん(これも死語?)で、
ワゴンセールになっているCDの中に、フランク・シナトラを発見!

三十代の頃にレコーデイングされたバラードアルバムで、
数十年振りに聴きましたが、すでに素晴らしい声です。

さすがに私の年齢でも、よく聴いたのは御本人引退の後で、
アルバイトをしていた喫茶店でよく流れていました。

伸びやかに語りかける甘く優しい歌声。
透き通った五月の空にも似合う気がして不思議ですが、
難点は労働意欲の低下ですね。

やはり、休日の昼下がりこそがふさわしい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。