福岡市の税理士・世利です

――10ヶ月で16㎏のダイエットに成功しました!

[ダイエット=最強の障害②]

”甘いもの”に関しては、様々な説が流布されています。
・甘いものを摂ると、幸せホルモンが分泌される
・疲れた時は、甘いものが効果がある
・頭を働かせるのには、甘いものが良い
・砂糖には依存性がある⇒だから我慢がムズカシイ

正しいのか正しくないのか、私に判断はつきませんが、
ダイエット中に実感したのは、

[甘いものは、食べれば食べるほど、また食べたくなる]

昔ながらのおせち料理は、どれも砂糖たっぷり、甘く作ります。
これは保存がきくという理由もモチロンありますが、
そもそも、砂糖は貴重品だったわけです。

砂糖は貴重品で、食物が甘いことイコールご馳走。
本当はご馳走だったのに、今はいくらでも好きなだけ口に出来ます。

まさに最強の障害!

                           (続く……)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。