福岡市の税理士・世利です――

[クロール息継ぎとキック 6.]

浮いて、ただ単に片方の腕だけを回す練習。

このとき、腕の掻き方を考えたりしません。
本当にただただ大きく回すだけです。

キックもこう打とうとか、考えて打ったりはしません。
自然~にユラユラ脚が動くのは、ほっておきます。

考えるのは、意識するのは、ただひたすら、力を抜こう。 
ふわっと、ふわっと。

まあ実につまらない練習で、しかも、
「この人何やってるの?」という奇異な目で見られたりしました。

しかし、いつかは力が抜けるハズ!と信じてやり続け、
それで本当に力を抜けるようになり、沈まなくなりました。

結果、それ以後何の練習をしても、ジタバタせずに浮いた姿勢で、
ゆったり出来るようになったのです。

この練習をしていなければ、
”何とかかんとか4泳法習熟”は出来ず、挫折していたと思います。

                         (……続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。