福岡市の税理士・世利です――

駅で、バス停で、あらゆる場所で、ほんの少しの時間でも、
特に若い方は目が利くからか、ず~っとスマホ、スマホ、スマホ。

――私は、PC・タブレット・ガラケーで、これは専ら視力の問題が――

しかしあのスマホ、もしも何かの労働だとしたら、
ものすご~く勤勉な労働者という事になります。
(もちろん、現実に仕事関係での使用もあるのでしょうが)

数十年前(携帯電話も無い頃)から、タイムマシンで現代に来たとして、
地下鉄で5分待つ間も、片時も休まずスマホを触っているのをみたら、
「21世紀では、皆、なんて熱心に働くのか!」と思うのではないでしょうか?

物質文明は、良きも悪しきも前進あるのみですから、
今後十年、二十年、IT技術はどういう進化を遂げるのか、とても楽しみです。

人工知能は、人間に何をもたらすでしょうか?

それでも、どういう時代になっていても、人はスポーツをし、
ただ走るだけ!!!のマラソンを、熱心に応援するのだろうと思います。

今年はオリンピックイヤー。
リオの開会式は(ちょっと心配もありますが)さぞ迫力満点でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。