福岡市の税理士・世利です――

以前ある経営者の方からお聞きした言葉です。
「経営者にとっては、辞めない社員が良い社員なんだよ」

これ、まさしく本音だと思います。
どんなに優秀な社員でも、辞めてしまってはそこで終了です。

経営者と従業員の関係は、多少、男女関係に似ている面があります。
能力を見込んで評価していた社員に辞められるのは、
好きだったのにフラれたようなものです。

勢い、ずっと側にいてくれる社員が大切になって来ます。
これは当然の事で、特に創業一代目の場合、
「会社規模が小さい時から、苦楽を共にしてきた」と思えば、情もあります。

能力のみを冷静にみて、そういう事情に引きずられないのは立派ですが、
人間味に欠けるという嫌いも無きにしもあらずです。

困るのは、ずっと側にいてくれる社員が、
”経営者の情”を利用して 「出る杭はすべて打つ」 ようになる事です。

さらに派閥を作って策動したりすれば、目も当てられません。
組織は必ず内部から傷む……と、某企業のニュースをみるたびに思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。