福岡市の税理士・世利です――

寒波襲来、西日本も山沿いは積雪だそうです。

”わが旅の 寂しきこともいにしえも
           われは云わねど 踏む雪の泣く”

雪が降る時期に、一度はこの与謝野晶子の歌が頭に浮かびます。
私が好きな与謝野晶子の歌、ベストファイブの内の一首です。

確かに、特に気温が低いときに降った粉雪が積もった時、
踏みしめると、キシッキシッと何かが軋んだような音を立てます。

それを、自分の代わりに泣いていると表現する、
与謝野晶子の言語感覚の美しさ!

そしていつも思いますが、漢字と平仮名の使い方、バランス!
筆でサラサラと書いて、眺めるだけでも美しいだろうと思います。

耐え難い辛さ、悲しみは、
誰しも他者には語らず、自分の胸に抱え込むものだと思います。

そして代わりに雪が泣いてくれるのなら、
また一歩一歩、進んでいけるというものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。