福岡市の税理士・世利です――

■年末調整が済んだら新年度給与へ

無事に年末調整自体の処理が済めば、次は[給与ソフトの年度更新]です。

与ソフトは、毎月毎月[月次更新]が原則です。
賞与も計算が終了すればそこで終了させ、
次の賞与計算のときに、[次の賞与計算の設定]を改めてします。

そして年末調整が終了したあと、[給与ソフトの年度更新]をします。

会計ソフトは決算に合わせて[年度更新のみ]しますので、月次更新はありません。
この点、会計・経理だけしか経験がない場合、違いに戸惑うようです。

給与計算は、計算が終わればそこで終了です。
あとは年末調整をするのに必要なデータが、年度中繰り越されます。
(労働保険申告・健保基礎算定・月額変更等に使用するデータも繰り越されます)

ただし、給与ソフトは、実はすべてのデータをずっと持っていますので、
[個人毎のデータ]の状態なら、閲覧・印刷が出来るようになっています。

しかし、月次更新が終われば、原則的には、
[○年○月分の給与台帳]としては、閲覧も印刷も出来ない設定がほとんどです。

万一を考えれば、
外部メディアに別名称でファイルを保存しておくのが安全だと思います。
                                ……続く

 

 

(この記述内容はあくまで一般的なケースでかつ詳細は割愛しています。ご了承下さい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。