福岡市の税理士・世利です――

”われとわが 悩める魂の 黒髪を
         撫づるとごとく 酒は飲むなり”

若山牧水の歌です。

髪を撫でられるというのは、子供の頃に終わった経験です。
大人の髪を撫でて、ヨシヨシとあやしてくれる人はいません。

ですがお酒は……。

牧水はこよなく酒を愛し、愛しすぎて40代で亡くなってしまいましたが、
酒について数多の名作を残しました。

ところで、
私はつい数年前まで、トンデモナイ思い違いをしておりました。

”白玉の 歯に~~” これは牧水の歌として、有名過ぎるほど有名ですが、
食べる白玉の事だと、小学生の頃から思い込んでいたのです。

白玉は、冷やして食べる夏のおやつですが、
それを秋の夜に食べたので、キーンと歯にしみる……と。

小学校の図書館にあった本で、この歌を目にしたのだと思います。
白玉といえば、当然あのお砂糖のかかった甘いおやつ、と理解し、
ず~っと『牧水はお酒も飲むし、甘いものも好きな人』とインプットしたまま。

それが修正されずに数十年。思い込みとは実にオソロシイものです。
もしや他にも、何か思い込んでいるものがあるのでしょうか? 

重々気をつけることに致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。