福岡市の税理士・世利です――

[水泳こぼれ話 -21]

腕を叩きつけるような激しいクロール、飛び散る水、プールに響きわたる音。
本当に速く泳げる人のクロールは、そうはなりません。
スピードを上げれば、飛沫も飛び音もしますが、[種類]が違います。

[速い人がゆっくり泳ぐ]のと[泳ぐのが遅い]のも、似てはいますが違います。
速い人のゆっくりは、水面を滑るように泳ぐので、見るからに美しい!

一度、競泳選手が練習しているのを比較的間近で見ましたが、
私にでも「あれは別物」とわかりました。
才能のある人が、気が遠くなるような練習をして、あの美しさになるわけです。

それにしても、どのように物質文明が発達しても、
驚くようなコンピュータ社会になっても、
人は何故スポーツに感動するのか? 考えてみると不思議です。

太古の昔、身体能力が高いというのは、
生存に関わる問題だったでしょうから、その名残りでしょうか?

自分が水泳を始めたので、水泳大会を熱心に見るようになりました。
最近ジョギングを始めたので、世界陸上にも興味津々でした。

我ながら単純な……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。