福岡市の税理士・世利です――

ある団体旅行に参加し、集合写真をとりました。
そこに映った自分の姿に唖然、愕然。

これはもう、相当打ちのめされましたが、逃れられない現実です。
(この写真はしまい込んだまま、今だに夫には見せず……)

痩せなければ、という思いは一応ありましたが、
静止画像は強烈/残酷で、何といってもこれが決定打になりました。
それまで、いくら鏡に向かっても、自分が見たいように見ていたのです。

痩せよう、絶対痩せよう!

そして、実に十数年ぶりにファッション誌を手に取るようになりました。
つまり、肥満とともにお洒落もすっかり諦めていたのです。

これも言い訳はいくらでもあります。
「まあ今更ね。お洒落といってもね……」どうせ、どうせ、です。

最近は、[大人の~~]流行りで、年代に合わせ、様々出版されています。
その内の、好きなモデルが着ていた好きなコーディネートを切り抜き、
お手洗いの扉に2枚、貼り付けました。

私にとってのインセンティブその①
[着たい洋服を選んで着られるようになること]

                                 (続く……)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。