福岡市の税理士・世利です――

[欲深い]だと誹謗になりますが、[意欲的]は褒め言葉です。

同じ”欲”でもかなり違いますが、
事業家として成功される方は、概ね欲が強いように思います。

自己表現欲、知識欲、名誉欲、権力欲、地位欲、金銭欲、
さまざまな欲望の強さは、エネルギーの強さに比例するのかもしれません。

人は、[強烈に欲しがったものを手にする]という事でしょうか。
能力は高くても欲が薄いと、社会的成功は困難なのかもしれません。
……ただし、その成功が [幸せな人生] とは直結しないところが面白い……

企業は、創業期⇒発展期⇒成熟期と進んでいきます。
発展期には、意欲に溢れて能力を発揮していた社員達が、
成熟期には、労なく果実を欲しがり、保身欲にかられる場合があります。

ピラミッド型の組織で、上層部にいる管理職等がこの状態だと、
会社のあちこちに澱みがうまれ、遠からず衰退期が訪れます。

会社三十年寿命説を乗り越えるためには、
これらの管理職から、意欲的な社員をいかに守るかが重要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。