福岡市の税理士・世利です――

中小企業の場合、情報管理をするうえでの社内システムは、
まだまだ整備されていないケースが多いのではないかと思います。

昔と違いデータですと、あらゆる方法で情報の持ち出しが容易です。
大企業はそこにもかなりの予算をかけているはずですが、
それでも[個人情報の流失]等が再三再四取り沙汰されます。

経理職に長年携わった実感として、
[不正をする人は必死でする]

防ぐ側も必死に対策をしないとダダもれになってしまいます。
[社員を疑う]からではなく、
[社員を疑う余地がない]ようにシステムを組むべきです。

私が知っているケースですと、経費削減になるからと、
私物のUSBメモリ/私物のPC/すべて使用OK!という企業がありました。
驚きというほかありませんでした。

モノとしての形がない、目に見えない、
[情報の価値]については、無頓着な企業も多いのだと思います。

マイナンバー/番号法が施行されれば、今まで以上に情報管理が重要です。
セキュリティについては、経営者自らが旗振り役になってでも、
厳密な施策・実践が必須だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。