福岡市の税理士・世利です――

副題に[管見妄語]とある、週刊新潮連載エッセイの文庫本です。

数学はまったく門外漢、というも愚かなほどサッパリ分かりませんが、
はるか遠い日に[若き数学者のアメリカ]を読み感動しました。
タイトルに惹かれて購入した記憶があります。

それからすっかり藤原正彦の著作に触れることもなく過ぎていましたが、
週刊新潮をたまに購入しますので、エッセイを読むようになりました。

『フフッ、面白い』と思っていましたが、
過去に読んだ[若き数学者~]の著者だとは、結びつきませんでした。

タイトルだけはさすがに知っていた[国家の品格]の著者とも思わず、
新田次郎、藤原ていの子息とは驚きでした。
最近になってようやく[祖国とは国語]を読み、諸々知ったのです。

エッセイは、本論に加えて、
自己韜晦をさらに180度展開させたような(何のコッチャ……)
内容を混じえていますが、端正な美しい文章だと思います。

こういう文章が書けるのは、数学者だからでしょうか。
何しろ、数学者や物理学者の頭の中って想像がつきません。

どうなっているんでしょう、 図面?設計図?(そんなわけない……)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。