福岡市の税理士・世利です――

年をとってから何より大切なのは[姿勢]だと思います。

”姿勢を正して物事に~”などの意味ではなく(それも重要ですが)
”物理的な正しい姿勢”がすべてにつながるように思います。

油断すると猫背になると気付いたのは四十代に入ってすぐでしたが、
気をつけようと思いつつも、思うだけで全く矯正できないまま。
水泳を始めてから、いかに腹筋/背筋が弱っているか自覚しました。

夫に言われて気付いたのが、内転筋の筋力低下!
歩き方が、漫画[あたしんち]のお母さんになっていました!

この十年、腹筋・背筋、トレーニングの試行錯誤を繰り返しました。
変なやり方をして腰を傷めたりしました(無理はムリ……)が、
今は1日2~3回、自分なりに少しは負荷をかけて継続しています。

ストレッチも、しないと気持ち悪いという程度に、ようやく[習慣]になりました。
以前よりは姿勢もマシになって来たように、自分では思っています。

姿勢が良くなれば、身のこなしもよくなり、そうすれば内臓の働きも――

ほったらかしでも大丈夫な若い頃とは違い、
頭も体もメンテナンスが必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。