福岡市の税理士・世利です――

一ヶ月過ぎると、[タバコを吸わないのが普通の状態]になりました。
三ヶ月目に若干気分が揺らいだ感じがありましたが、
それもホントにフッと、「ああ、そう言えばタバコ……」と思う程度でした。

この”フッと”というのは、忘れた頃にあるのですが、
その度に思い出すのは、最後に吸ったタバコのまずさでした。

そのせいか、二年近くなりますが、喫煙の欲求は起きません。

[吸いたいのにガマンしている]というわけではなく、
[私は吸わずに平気になった。メデタシメデタシ。]という感じです。

ガマンしているわけではないので、
傍で喫煙されていても全く気になりません。

じゃあもっと早く禁煙すれば良かったかというと、
何事もタイミングで、今だから出来たようにも思います。

ストレスが強い環境で禁煙するのはキビしいかもしれません。
タバコは、代償行為としての側面があるような気がします。

ただ、何度も記述しましたが、想像したよりは格段にラクでした。
[禁煙は苦しい、つらいものだ]というのは、全くの思い込み・錯覚でした。

[いかに自分の脳を自分でだますか]もしくは、
[だましたつもりになるか]がポイントだと思います。

今回で禁煙の記事は終わりますが、
どこかのどなたかのお役に少しでも立てたなら幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。