福岡市の税理士・世利です――

二度目に読んだ時には、

①声に出して読む
②マーカーでラインを引く
③要点をA4紙に書き出す

これを、ページを遡っては何度も繰り返しました。
目・耳・口・手、すべてを使って、自分の頭に定着させる作戦です。

そして、③の要点をまとめたA4紙が、
禁煙を実行してから予想以上に役立ったのです。

最初にひととおりまとめたあと、更に要点を絞って2枚に書き直しました。
本を読み返すのは手間ですが、A4紙2枚ならいつでも全部目を通せます。
さらにマーカーで色塗りしたり、またキレイに書きなおしたりもしました。

そして、禁煙実行後は、この2枚を常に座右におき、
眺めたり、暗誦したりしました。

想像を超えて、非常にラクな禁煙ではありましたが、
やはり、気分が揺らぐときはどうしてもあります。

目、耳、口、手を駆使するのは、受験勉強では誰でもよくやるはずです。
本を読んでの禁煙も、いかに自分の脳に定着させるか!が勝負ですので、
この方法が非常に効果的だったと思っています。

                                          (続く……)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。