福岡市の税理士・世利です――

[水泳こぼれ話 -6]

自分のスポーツに関するセンスの無さに驚いたお話。

私がクロールのグループレッスンを受けていた頃、
スタートについての指導はほとんどありませんでした。
初めてのクロールですと、それどころじゃないのは確かです。

ケノビの練習は自分でも熱心にしていました。
ネットで動画もみて、距離が伸びるように姿勢に特に注意していました。
『要するに、スタートもこれと同じよね』と考えていたのですが……。

あるとき個人レッスンを受けると(女性の学生アルバイトの方)、

コーチ:「あの、スタートの壁蹴り、もっとチカラを入れて蹴れませんか?」
   私     :「えっ、チカラを入れて蹴るんですか?」

コーチ⇒「???」唖然  
    私    ⇒「???」茫然。

なるべくスピードが出るように、チカラいっぱい蹴るのは当たり前の事ですよね。
しかし、自分では全くそれに気づかず、ヘナーッと蹴っていたのです。

『そっかあ、チカラを入れるのかあ~~』

で、チカラを入れて蹴ってみると、驚くほどグイーンと伸びました。感激!!!
という、スポーツが得意な方からは、想像できないようなお話でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。