福岡市の税理士・世利です――

■給与計算における所得税の処理④

源泉徴収制度により、毎月の給与から、または賞与から、所得税額を差し引きます。
しかし、[給与所得]についての正しい所得税の計算は、モチロンまだ出来ません。

所得税は、あくまで [1月1日~12月31日までの1年間の儲け] にかかる税金です。
一年が終わらなければ、正しい額は計算出来ません。

ですので、毎月の給与または賞与から差し引く金額は、あくまで[概算]です。
これが概算だからこそ、年末調整をします(後日、詳細を記述します)

  • 給与または賞与から差し引く金額の計算方法

○給与ソフトを使っていれば、当然、自動的に算出されます。
ですが、内容を理解していないと、自分のミスに気づかない場合があります。

・ソフトによっては、自動計算を解除して手入力が出来てしまいます。
・年度替わりのとき、間違ったタイミングでバージョンアップをし、
 メッセージを了解すると、次年度の税率を適用させてしまったりします。

○以下、手計算を前提に説明します。

以前記述しましたが、「給与支払事務所等の開設~届出書」を出しておけば、
税務署から毎年、「平成○年分 源泉徴収税額表」が送られて来ます。

 

 

(この記述内容はあくまで一般的なケースでかつ詳細は愛しています。ご了承下さい)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。