福岡市の税理士・世利です

本を漫然と読んでいても、なかなか禁煙成功は難しいと思います。
私は最初に読み始めた時に、下記の2点を決めました。

①これを記憶のリセットとは捉えず[記憶の上書き]と定義付ける
②マイナスの情報は[意識的に否定]する

先日の記事に書きましたが、喫煙は良い記憶とセットになっているそうです。
これは確かにそうだと思いますので、、これをリセットするのは困難だと考えました。
また、誰かの禁煙失敗のような負の情報を、すでに認識してしまっています。

しかし、これも以前、何かの本で目にしましたが、[脳は意外といい加減]です。

例えば、[人間違い]
道路を歩いていて、前方から「知人のAさんがこっちに来る」と思います。
段々近づいてから、「あっ間違えた、人違いだ」と気付きます。

ですが、気づく前までは、確かに[Aさんに見えていた]のです。

意外といい加減なら、意図的に騙せるはずです。
それなら、[自己暗示]も容易なのではないかと思いました。

つまり、

[自己暗示は容易だと、自分を自分で説得しよう]と考えたのです。
というわけで、本の内容を、

[積極的に、意図的に]自己暗示をかけて、脳に上書き保存しよう!と試みました。

                                        (続く……)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。