福岡市の税理士・世利です――

[水泳こぼれ話 -1]

50歳を過ぎてから、生まれて初めてプールに行きました!
私が子供の頃、学校にプールはなかったのです。

幼少期、泳げませんでしたが磯遊びはよくしていましたし、
海ですからよく浮いて、立泳ぎをして、潜って貝をとったりも出来ました。

海はあくまで日常生活の場で、レジャーの場ではありませんでしたから、
大人になってからも、海水浴やプールに特に興味も持てませんでした。

しかし。

夫に一年にわたり説得され、健康のためにと、スポーツクラブに入会しました。
そして、プールへ。
そして、ここからがそれはもう苦難!!!の道でした。

幼少期を過ぎてから、いつしか海に入らなくなっていたのですが、
それにはちゃんと理由があって、溺れかけたのでした。

それをすっかり忘れていました!

ボートから身を乗り出して、ボートがひっくり返り、あやうく救助されたのです。
(あまりの恐怖は記憶から抹消する、というのは本当ですね……。)

そのときの恐怖が一気に蘇ってしまいました。
プールに入ってから気がついたのです。 「私は水がコワイ!」

気づくの遅すぎです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。