福岡市の税理士・世利です――

[カナヅチから、4泳法出来るようになるまでの軌跡]
■バタフライ11

キック練習での、視線の動かし方。

これもコーチから何度も指導されましたが、
人の体は、視線にリードされて体が動く仕組みのようです。
実際何度かやってみると、確かに視線につられるようでした。

キック練習での手と腕の使い方。

これもコーチから指導されたように練習しました。
手のひらの僅かな角度の変化で、キックも変わるのが実感出来ました。

浅いキックや、深いキックの練習も、何度も繰り返し練習すると、
視線や手と腕の変化に連動していることがよくわかりました。

もう一つキックで大切といいますか、私がよく指摘されたこと。
[深いっ!!と思うと、慌てふためいて早く浮上しようとしてしまう]

これがなかなか直りませんでした。

自分が思うほどの深さではまったくないのですが、
深く入りすぎて浮上できないかも???と慌ててしまいます。

慌てれば、その時点で体勢もリズムも崩れます。
浅く、次は深く、と何度も繰り返すことで徐々に慣れました。

水中での体の位置を実感するのは、バタフライではとても大切だと思います。

                                  (続く……)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。