福岡市の税理士・世利です――

大企業であれば、人事部や労務部があり、求人/面接/採用/入社後の研修まで、
マニュアルもカリキュラムも充実しています。

しかし、中小企業(特に創業期)においては、
人事部という部署自体、存在しない場合が多いと思います。

従って、人事は専ら社長/同族役員が決定し、
求人関係の実務は、各部署の役職者や総務が担当する事になります。

求人応募者は、情報を集め、エントリーシート/履歴書/職務経歴書の書き方・内容、
実際に面接する場合のノウハウまで、しっかり研究して臨むはずです。

では、面接する側はどうでしょうか。これが意外と……?!

事業拡大中で増員の場合、面接担当者も仕事に追われています。
忙しい最中の面接ですから、どうしても対応に不備が生じがちです。
(ついぞんざいになったり、返事が遅くなって応募者を待たせてしまったり)

しかし、面接する側も、実は応募者に面接されています。

応募者にとっては自分の人生がかかっていますから、
面接官の人柄を通して、「この会社はどんな会社?」と見極めようとしているのです。

入社するまでは、面接する側とされる側は、あくまで[対等]ですから、
面接官も、氏名/所属部署名等を名乗るところから始まって、
挨拶・態度・言葉遣い、相手に敬意を払って礼儀正しくするのは当然の事です。

良い人材であればあるほど、その人は「他社にとっても良い人材」です。

もしも「この会社は???」と判断し、入社の意欲をなくせば、
例え面接途中であっても、応募者は投げやりな態度をとったりします。

「今回の応募者は質があまりよくなかった……」という求人結果に終わった場合、
実は、面接官の対応や、電話連絡等に問題があったかもしれないのです。

企業にとってより有用な人材を採用するために、
求人/面接担当者の心構えは、非常に重要だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。