[カナヅチから、4泳法出来るようになるまでの軌跡]

■バタフライ③

かなり後になってからですが、
元競泳選手だった女性コーチから個人レッスンを受けました。

彼女は、イルカ飛びが何故重要なのか、理論的に説明してくれましたし、
その説明がとてもわかりやすく納得出来ました。

また、実際に色々なパターンのイルカ飛びをさせてくれました。
つまりは、イルカ飛びがバタフライでの【体の使い方】そのものなのです。

これは、自分がある程度バタフライを泳げるようになればなるほど、
実際そのとおりだとよ~くわかりました。

しかし、グループレッスンでは、イルカ飛びは最初の頃しかしませんでした。
……そんなに面白い練習ではありませんから。

ですから、多くの方は、あまり熱心に練習されなかったようですが、
私は、自己練習でも最も練習したのはイルカ飛びです。

バタフライを泳げるようになる為に、何よりも大切な練習だと今も思っています。
子供の練習みたいですが、これをキチンとすればするほど、
自分の体で実感すればするほど、バタフライは上手になると思います。

――以上、福岡市の税理士・世利でした。

                                       (続く……)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。