腹を立てるとエネルギーを使いますが、普段の生活の中で、
見知らぬ人から何だか理不尽な目に合わされる時があります。

例えば少し前の出来事。

遠方の顧問先を訪問するのにJRを使いました。
二人がけの椅子が並ぶタイプの車両で、折り返し運転でしたから、
椅子のハンドルを引いて自分で方向を変えます。(アレ、結構重いですね・・・)

グイッと引いて向きを変え終わった瞬間、見知らぬ女性がスッと座ったのです。
その女性が私の傍に来ていたのは視界の端で捉えていましたが、
まさか座るとは!唖然、呆然……エッ、私あなたのメイドではありませんが……

抜群のタイミングでしたから、彼女はいつもそうして座っているのだと思います。
私よりも若干高齢の方とお見受けしました。

間に肘掛けのない二人がけの座席でしたが、そのまん真ん中に座り、
顔は真横、窓の方に向け、『私、何も知りませんよっ!』という態度です。

あきらめて私は他の席に座ったのですが……こういう方って時々いますね。

『目くじら立てて言うのも大人気ないかあ・・・』と、
こちらが言葉を呑んで我慢してしまう、ちょっとしたズルをする人。

例えば、す~っと何気なく列に割り込んだりする人。
慣れた感じですので、いつもそうしているんだと思います。

しかし、ここで怒ってはエネルギーの損失、二次被害です。
何しろ中高年は、限られた体力を大切に使わなければなりません。

車窓から美しい景色を眺めて気分転換! エネルギーは大切に!

――以上、福岡市の税理士・世利でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。