事務所で熱帯魚を飼っています。

ある日気付いたら、2匹いたプリステラテトラが1匹になっていました。
――このプリステラテトラという熱帯魚。
よく知らずたまたま購入したのですが、”意匠”が素晴らしい!

体はシルバーと白で、背ビレと腹ヒレは黄/黒/白。尾ヒレは赤。
なんて美しい!!
ですが体長が1.5cm位とごく小さいので、それがちょっと残念です。

2匹いたときは、水槽のあちこち好きなところに一緒にいたのですが、
1匹になったら、いつも隅っこの物陰にひっそりといます。

これは同じく1匹だけになってしまったブラックテトラもそうなので、
やはり、1匹というのは魚界でも肩身が狭い???

ある日の出来事。

水槽上部のライトをつけると
(水槽の魚にとっては、ライトを消すと夜、つけると朝、だそうです)
いつもそうなのですが、ネオンテトラは集団でいました。

コリドラスとオトシンクルスは、ウィローモスの後ろで見えません。
ミナミヌマエビは昼も夜もお構いなし、好き勝手に動いています。

そして、

ブラックテトラとプリステラテトラが二匹寄り添っていたのです!
種族を超えて、一匹同士だから仲良し?!

相身互いという事でしょうか。魚とはいえ微笑ましい。

――以上、福岡市の税理士・世利でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。