[カナヅチから、4泳法出来るようになるまでの軌跡]

■平泳ぎ②

しかも、平泳ぎのレッスンの最初に、
コーチ「では、好きな泳ぎ方で一本」まずウォームアップで25㍍泳ぐのです。

私「え~っ、25㍍なんて泳げない……」
コーチ「途中で立ってもかまいませんよ~」

察するにコーチとしては「クロール泳げないのに、平泳ぎは……」と思っているのですが、
何につけてもスポーツクラブの場合、
コーチの側も会員に気を使うので、あからさまには言わないようです。

言わないけどわかって欲しい……が、まず一本泳ぐ!だったのでしょう。

色々な泳法を同時進行で、というのもひとつの方法かもしれませんが、
何かが上手くいかないから他の泳法をと試みて、これもやっぱりダメ!では、
挫折感が倍になって、水泳自体をやめたくなります。

クロールを一応習得し、背泳ぎも習得し、
その後改めて平泳ぎのレッスンを受けた時には、
出来ること、出来ないこと、当たり前ですが全く違いました。

少なくとも基本のクロールを習得してから、平泳ぎを始めるのが良いと思います。
特に、姿勢、水の中での体の使い方、これがある程度できているかどうかで、
習得のレベルがまったく違ってきます。

 

 

                                        (続く……)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。