[かんしょ病みの汚ずき]

大阪弁の慣用句だそうですが、とても面白い。
私はこれを田辺聖子のエッセイで知ったと記憶しています。

かんしょ病み⇒癇性(これは共通語です)病み
潔癖症というか神経質で、それが度が過ぎているわけです。

……でも汚ずき。

本当に汚いのが好きという事ではなく、潔癖で自分の拘りがあるけれど、
そこからはずれる部分では、意外に普通よりもだらしなかったりする。

つまり、バランスがとれていない点の指摘ですね。
また、そういう人は得てして、自分の拘りを他者にも押し付けがちなので、
それをちょっと茶化している感じもあります。

意味は違いますが、似たような表現のしかたで、

[無精者はよく働く]

これはもうよく有りますね。
無精して、ゴミをポーンとゴミ箱に投げたけれど、逸れてしまって、
結局そのゴミを拾いに行って、ゴミ箱に入れる。

普通にゴミ箱に入れるのよりも、
投げる、拾う、入れる=動作が多いので⇒よく働く。

最初っから無精するんじゃないよ、という事なのでしょうが、
いやあ、昔の人は上手いことおっしゃる!

 

2 のコメント

  1. はじめまして。長い間気になって仕方がなかった言葉、「癇性の汚な好き」の意味、由来をやっと知ることができました。正式には「かんしょ病みの汚ずき」という大阪弁だったのですね。先生はこれを田辺聖子のエッセイでお知りになったのですね。私も田辺作品にハマった時期がありました。一番好きなのは『言い寄る』三部作と、「歌子さん」が登場する『姥』シリーズです。「癇性の汚な好き」という言葉は、林真理子の小説『素晴らしき家族旅行』で初めて知って以来のmy不思議言葉でした。これですっきりしました。ありがとうございました。

    1. 鈴木先生、コメント有難うございました。
      お役に立てて何よりです。

      田辺聖子の『言い寄る』三部作と『姥』シリーズは私も大好きです!
      姥シリーズについては、このブログの2015年6月11日に記事を書いております。
      よろしければ、どうぞお読み下さいませ。

      匿名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。