前回の続きです (以前記述した内容と多少重複しますが……)

■消費税は間接税です

・税金を負担する(担税者)のは、消費者
***個人も法人も、消費税が課税される物を買えば消費者です。

・税金を納付する(納税者)のは、事業者
***事業を行っていない個人なら、納付義務はありません。

負担する人と納付する人が違うので間接税です。同じなら直接税です。

・間接税=消費税、たばこ税等
・直接税=所得税、法人税等

事業を行う個人または法人は、消費税を負担し、かつ、納税することになります。
(事業のためにボールペン1本でも買えば、”消費税を負担している”という事です)

■経理職でもキャリアが浅いと、まず戸惑うのは消費税法の仕入/売上だと思います。
消費税法の仕入/売上は、簿記・会計・法人税でいう仕入/売上とは異なるからです。

例えば小売業の場合

●簿記~~⇒①仕入は商品の仕入
       ⇒②売上は商品の販売

●消費税 ⇒①仕入は商品の仕入+内装をしても仕入、ボールペンを買っても仕入
       ⇒②売上は商品の販売+車を下取りに出した分等も売上

消費税が課されるものは、すべて仕入または売上になります。
自社ビルとして30億の建物を購入したとして、それも消費税では[仕入]です。

                                      (……続きます)

 

 

(この記述内容はあくまで一般的なケースでかつ詳細は割愛しています。ご了承下さい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。