■会社が扱う税金は多種多様で、その意味合いも異なります

●黒字なら払う税金
・法人税
・事業税等の地方税

●赤字でも払う税金
・地方税の内、均等割

●納付するだけで、負担するわけではない税金
・住民税    =役員、従業員から預かって払うだけのことです
・源泉所得税  =役員や従業員、税理士等から  〃  〃

●納付もするし、負担もする税金
・消費税=課税事業者であれば納付しますし、
     免税事業者であっても、最終消費者として負担します

●資産関係で払う税金
・固定資産税
・償却資産税
・自動車関係の税

●その他
・印紙税、登録免許税(登記のとき等に払います)

上記の税金は、更に、
・国に払うのか、地方に払うのか
・会社の損金として認められるのか、認められないのか

さまざまに分類されますし、
国税は”国税の改正” 地方税は”地方税の改正”があります。

 

 

(この記述内容はあくまで一般的なケースでかつ詳細は割愛しています。ご了承下さい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。