[カナヅチから、4泳法出来るようになるまでの軌跡]

■クロール

最初は、無理な力がはいり、鼻からも口からも水を飲みましたし、
これで出来るようになるの?と途中で弱気になったりもしました。

しかし、
「いつかは必ず出来る」と自分に言い聞かせて続けました。

息継ぎありで泳いでいて、何だか全然ダメで上手くいかないときは、
25㍍の途中であっても、そこでやめてまた面かぶりクロール。

25㍍の間に[交互に]面かぶりクロールで8㍍、次を息継ぎありで8㍍。
こういう練習を、じみ~~に続けてさらに3ヶ月くらい(合計8ヶ月ですね。長い!)

もう大丈夫なんじゃないか?
そう思って、レッスンのときではなく自己練習で25㍍泳いでみました。

若干バランスを崩しつつも、泳ぎ始めから泳ぎ終わりまで、
ほとんど変化なしに泳げました!嬉しかった!

水泳をやっていてこのときが最高の喜びでした。
無理やりコースエンドまで辿り着いたのではなく、
自分が思い描いていたように、8メートルの延長として泳げたのです。

まがりなりにも泳げるようになりましたので、あとはレッスンの進行に合わせ、
普通に泳ぐ事をメインに、スピードのコントロールなども練習するようにしました。

 

                                           (続く……)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。