[カナヅチから、4泳法出来るようになるまでの軌跡]

■クロール

・あくまで極力泳ぎを止めずに
・自分なりに最小限頭をひねるだけで
・ナチュラルにかつなるべくバランスを崩さずに

そういう息継ぎが出来るようになりたい! どうすればいいのか?

息継ぎをして泳ぐ練習を、このままいくらやっても無駄ではないかと思いました。
ただただバランスを崩すだけだからです。

息継ぎをするということは、どんなに僅かであっても頭を動かします。
頭を動かせば、体は沈みます。
私の泳ぎ方は、まだその[変化]に耐え得るようなレベルではないのだと思いました。

面かぶりクロールを練習しよう!
これを徹底的にやろう!
息継ぎなしで泳ぐ。まずはこれをしっかり、キチンとキレイに出来るようになろう。
そのために姿勢も、キックも。

レッスンでは”息継ぎありで泳ぐ”をどんどんやりますが、ガマンガマン。
自分で練習するときは、ず~っと面かぶりクロールを練習しました。

自分でネーミングした《8メートル練習法》

息継ぎなしですから苦しくなります。
無理をせず、25㍍の途中2回立つことにしたので、《8メートル練習法》です。

ひたすらひたすらこれをやり続けました。
そして、それが正解だったと思っています。

 

                                         (続く……)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。