このブログのタイトル[岡目八目]も囲碁用語ですが、
現代の日常会話/慣用句に囲碁用語は数多く残っています。
(将棋用語も同様だと思います)

・一目置く     ・布石を打つ    ・手を打つ
・駄目        ・捨て石になる        ・大局を観る         ・死活問題

歌舞伎用語も同様に多く残っています

・十八番                ・二枚目       ・なあなあ
・どんでん返し  ・黒幕        ・花形       ・ピンはね

他にも色々ありますので、当時の日常生活に、
歌舞伎や囲碁や将棋がいかに密接なものだったかわかります。

古典落語を聞くと、『ああ、この言葉自体がもうあまり……』と、
噺が理解されるか心配になったりするのですが、
(私が心配しても始まりませんが……)言葉の変遷は避けがたいものです。
囲碁用語も少しずつ日常会話からは失われてゆくでしょうか。

[囲碁]の別名として好きなのが[手談]

口には出さず、碁を指す一手一手で心が通じ合う。
武将が囲碁をしているのを想像すれば、戦略・戦術。
現代の企業経営にもつながるらしいのですが、
男性同士なら、手を読み合い思考パターンを探るのも醍醐味でしょうか。

これが男女問となると、情感あふれるシーンになりますね。
余韻嫋々。

「手談」素晴らしいネーミングだと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。