[カナヅチから、4泳法出来るようになるまでの軌跡]

■クロール

片手クロールなどのさまざまなドリルも、レッスンで教わった方法で、
25㍍泳げるようになって後も少しずつですが練習しました。

私は、体力もないのにやがては4泳法!と野望を持っていましたので、
基礎は大事、基礎は大事、と真面目にやったほうかと思います。

ですが、とにかく早く25㍍泳げるように、と急ぐ気持ちはとてもよくわかります。
プールでは泳げない人は少数派で、スイスイ泳げる人が多数派です。
泳げない人用のコースを使っていても、何となく気後れしますし、
大人ですから他人の視線も気になります(自分で思うほど誰も見ていないのですが…)

クロールは、腕なり足なりどこかを常に動かしていますから《何となく》でも泳げます。
ホントにユニークな、ビックリするような泳ぎ方でも進みますので、
クロールだけ泳げればいいのなら、どんな泳ぎ方でも全く問題無しです。

しかし、もしクロール以外の泳法もと考えるなら、
まずはクロール習得段階で、基礎練習をしっかりやったほうが結局は近道だと思います。

[水中での自分の体のコントロール]
という面では4泳法共通していますから、クロールの段階でしっかりやっておけば、
背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライはそんなに苦労はしないというのが私の実感です。

[泳ぎこみと基礎練習]
本当は両方必須ですが、私の場合は、専ら基礎練習をほんの少しずつ継続しました。
(それ故といいますか、いまだに持久力はないのですが……)

さて、ドリルでこれこそ役に立った!これで泳げるようになった!
と思うのが、面かぶりクロールです。

 

                                              (続く……)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。