[カナヅチから、4泳法出来るようになるまでの軌跡]

■クロール

そこで4泳法に共通して、私がとった練習方法は、

□レッスンにはきちんと出て、そのときは当然コーチの指示通りにする

□レッスンは、3ヶ月で内容が組まれているが、
 自分で練習するときは、延べ9ヶ月かけるつもりで少しずつ進める。

□グループレッスンの他に、有料の個人レッスンも随時入れてゆく
(有料ですので、その点熟慮が必要ですが……)

スポーツクラブの場合は、ベテランのコーチもいらっしゃいますが、
アルバイトの方、経験の浅い方、様々です。
ですから、指導力もですが何より相性が大切なように思います。
(もちろん、どのコーチも懸命に指導して下さいますが)

相性の合う方であれば、個人レッスンを受けるのはとても効果があります。

質問がしやすいという点、同じ箇所を繰り返し練習させてもらえる点、
そして、ごく至近距離で、他の方に遠慮せずにコーチの泳ぎがみられます。

バタフライは主に女性コーチから教わりましたが、その美しさ!

コーチ曰く、
「一番練習したのは中学生のときで、1万メートル泳いだりしました」

なるほどなるほど!
そこまで鍛えた結果の泳ぎの素晴らしさ!

自分とは天と地の差がありますが、これを目にするのは非常にプラスになります。

 

 

                                       (続く……)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。