ブログを書いていて、ちょっと悩ましい句読点の打ち方。

句点は大丈夫です。
[。]は文末で打つので、これは改行を迷うだけです。

問題は読点です。
[、]をどこで打とうか?打ちすぎても?打たなすぎても?

毛筆で書く文章を想像すればわかるとおり、元々句読点などありませんでした。
明治時代、国策で、庶民にも文章が解りやすいよう考案されたのだそうです。

ルールがハッキリとあるわけではないのです。
例えば、招待状や表彰状には、現在でも句読点は慣習として使われていません。

むか~し、印刷業の方に聞いた話では、特に招待状に句読点を入れると、
『あなたは、句読点を入れてあげないと文章がよく読めないような人ですよね』
という意味になり失礼なので、絶対に句読点は使わないんです…ということでした。

読点は、よく息継ぎ点とも言われるように、息をつぐリズムで、
読む人がわかりやすいように、というのが基本でしょうか。ルールというよりもマナー?

例えば、作家・池波正太郎。
この方の読点の打ち方は独特で、それこそが池波節。《文体》です。
何かに氏の文章が3行位引用されていても『アレッ、これ池波正太郎?』とわかります。

読点の打ち方、改行の仕方、それが表現方法でもありますから、
作家ならそれでいいわけですが……。

毎回、
ここで読点打つ?くどい?迷い迷い打っております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。