[カナヅチから、4泳法出来るようになるまでの軌跡]

今日あたりは、初泳ぎの方も多いでしょうね。
昨年からの続きです。

■クロール

プールに行ったらビート板キック!とは言っても、
25㍍でハアハア、50㍍でゼエゼエ、頑張ってもキック100㍍が限界です。
(それ練習?と笑われそうですが……)

それでも、ほんの少しずつでも練習する内に《音》が変わってきたのです。
心なしか濁った音に変わってきました。

もしかしてこれっ???  これでした!!

壁につかまってキック練習をしてみると、いつの間にか姿勢が安定しています。
キックをしながら振り返って確かめると、何だか泡が丸っこくみえます。

隣のウォーキングコースで歩いている人に追い越されることもなくなりました。
(最初の頃は、追いぬかれていたのです……)

そして、レッスンでコーチから、
「ああ、ちゃんと打ててます。いいですよ~いいですよ~」と言われるようになりました。

自分なりの方法で練習し始めてから、優に半年かかったと思います。

しかし、人の体は何と健気なものかと感心しました。
私のように、それなりの年齢で、運動習慣もなく運動神経も鈍く、基礎体力もなく。
本当に僅かな練習しかしなくても、《継続すれば変化する》のです。

……随分後になりますが、バタフライを練習した時の事です。
ネットの動画や本で”泳ぐ方法”は理解していましたが、初めての実際のレッスンのとき。
グループレッスンでしたので、キックや腕のかきなどをして、30分の最後は、

「では、1本泳いでみましょう」

自分でも驚きましたが泳げました!生まれて初めてのバタフライで!
モチロン、泳いでるんだか、溺れてるんだか、というバタフライだったと思いますが、
それにしても、ちゃんと息継ぎをして泳げました。

これはひとえに、クロールのキックが多少なりとも出来ていたからだと思います。
背泳ぎのキックも同様で、こちらはクロールと裏表ですので、更に容易でした。

                                                (続く……)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。