[カナヅチから4泳法出来るようになるまでの軌跡]

■クロール

ビート板キックの練習方法は、試行錯誤の結果、
レッスンではコーチの指示通りにして、自己練習のときは変えることにしました。

□ビート板の上に手をおき
□鼻がギリギリ水から出るくらい(鼻で息が出来る)に顔を上げる

・顔を上げれば当然腰が沈みますから、鼻はギリギリ水から~としました。
・おへそを引っ込める(腹筋を使う)よう心がけ、それ以外はリラックス、リラックス。
・手の位置は、なるべく体勢がフラットになるように色々と試しました。

顔を上げているので、ちゃんと前も見えて、多少はリラックス出来たのです。

プールに行ったら、何をしなくともビート板キック。
心のなかで『太腿から、太腿から、やわらかく、やわらかく』と、
自分に言い聞かせながら練習しました。

この、心のなかで……というのも、かなり効果があったと思います。

自分のキックの音を聞きながら、25㍍の間にさまざまに試みました。
親指が触れ合うくらいにとか(やや内股くらいがいいそうです)
もう少し浅く?もう少し深く?足首は力が抜けている?
おヘソはへこませてる?
(腹筋を!とか意識するとリキみますから、おヘソ~程度の意識)

こうかな?イヤ、違うかな、こんな感じ?まさに試行錯誤。
ネットで動画を見、水泳の本を読み、自宅では足首の柔軟を続けました。
(足首に限らず、肩も、関節の可動域はとても大切です。少しずつでも柔軟。)

そうしている内に、少しずつキックの音が変わってきました!

来年に続きます……
どちら様もどうぞ良い年をお迎えくださいませ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。