おばさんは何故、むやみにしっかりした生地のタオルハンカチを使うのか。

これも自分自身が若い頃は不思議でした。
そしてわかりました。

もうね、汗をかきます。それも首から上。
これ、ホットフラッシュというそうです。名称がちょっとカッコイイ!
イヤ、喜んでる場合ではない。

夏場にファンデーションを塗ろうものなら、道路を歩いて5分で溶けます。
「お客様、化粧水でお肌を引き締めれば~~リキッドファンデーションで~~」

販売員の方、力説ありがとう。でもね、無理です!溶けます!
人様に迷惑ですので、メイクは秋冬限定。春夏はかろうじて眉と口紅のみ。

何だか噴き出すように汗をかいてるけど、何だろ。
最初の頃は何とも思わず、普通のハンカチを使い続けていたのですが、
まあ汗を吸わない吸わない!

えっ、今までのハンカチではダメなの?
やっと気付いてタオル地のハンカチを購入。しっかり吸ってくれます。

この真冬でも、外の寒さに合わせた服装でデパートなどをしばらくさまようと、
やはり汗をかきますから、春夏秋冬ハンカチはタオル地。

ヒラヒラしたツルツルした儚げなハンカチ、
レースの縁取りの優しいハンカチ、
もはや買うことはなく、さようなら……悲しい限りです。

小引き出しの中では、
”ワタクシ、頑丈ですっ!”というタオル地ハンカチが増殖しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。