元のスポーツクラブに再入会しました。しばらくはグループレッスンのみ。

……グループレッスンでも個人レッスンでも、コーチに[見てもらえる]これが重要です!
なにしろ水中では、自分の[やってるつもり]と[実際にやっている事]が著しく違います。

……また、どのクラブでもプールには、[歩くコース]があると思います。
ウォームアップで歩きながら、手のひら、足、あらゆる部分で[水を感じる]よう意識しました。
実際のレッスンでは、とてもそんな余裕はありませんが、
水中を歩きながらですと、これもさまざまに試行錯誤が出来ます。

無駄な緊張がとれ、やっと基本の練習についていけるようになっていました。
(ひたすら力を抜くだけの練習が、とてもとても役に立ったのです)

●ケノビ(壁をけって進む)
●腕を伸ばしてうつ伏せで、クロールのキックだけで少し進む
●クロールのビート板キック

ネットであらゆる水泳のサイトを見ていましたが、ほぼ必ず書いているのが、
・姿勢が大切  ・キックの練習が大切

この2つがとても重要なようで、レッスンでも繰り返し教わります。
・姿勢=ストリームライン  ・キック=太腿からしなやかにキックする

姿勢は、ひたすらケノビを繰り返し練習しました。
(少しずつでも、進み方が変化します)

また、プールだけではなく、自宅の鏡前でも正しい姿勢を練習。
(壁にピッタリ背中をつけて、ストリームラインの練習)
体が硬くてはダメですから、柔軟体操もするようになりました。

さあ問題は、キックです。                             (続く……)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。