企業によって担当部署名は異なると思いますが、
総務か人事か、企業によっては経理等が、給与計算・賞与計算を担当します。

中小企業の場合、
賞与の支給日が社内規定等で明確になっているケースは少ないと思います。

時期が近づくと、
『賞与はいつ出るの?まさか出ないの?』社員が気になるのは当然です。
その時期、総務/担当者はうっかり口を滑らせないよう、用心用心。

次に気になるのが賞与の支給額(これはベースアップも給与も同様です)
自分の金額もですが、他人の金額も気になるのが人情です。

『何となく探られてる?聞き出そうとしてる?』
実際そういう事がよくあるので、社内の懇親会でも飲み会でも、
総務/担当者は、何だか気をゆるめることも出来ません。

経理は会社の情報を掌握し、総務は個人の情報を掌握しますから、
口を固く!を信条にすれば、社内の他部署に友人は作りづらく、
お付き合いもほどほどになります。

その上、知っているというのは辛いことでもあります。

自分も含めて、すべての社員の賞与・給与・ベースアップを知れば、
『あら、あの人がこれなのに、私はこれ・・・???』

木石にはあらず、これもなかなか平常心というわけにもいきません。

これからの季節、賞与の支給・年末調整・1月期限の提出物、
仕事は繁忙期な上に色々注意も必要で、総務/担当者は憂鬱です。

他部署の皆様、総務に温かい眼差しを!!
そして、書類は早めに提出を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。