(2)個人事業の所得税・住民税や保険その他

■事業を始めた届け出

・税務署等へ届け出をします。
・・・事業を始めれば役所の側から連絡がある、と考える方がいますが、そんな事はありません。
   役所は《知り得ない》ので、自分から手続きをします。

■所得の種類

・〈事業所得〉になります。

■申告の種類

・青色申告か、白色申告か、・・・・・いずれかになります。

青色申告をするのであれば届出が必要ですが、これには《期限》があります。
期限を過ぎると、その年分は青色申告が出来ません。

…因みにお役所言葉での急ぐ順番は(期限ありは別として)、
直ちに⇒速やかに⇒遅滞なく

■確定申告

・翌年の2月16日~3月15日までの間に、税務署に、《確定申告》をします。
・税務署に確定申告さえすれば、そのデータが役所に送られますから、
 住民税のための別途手続きは不要です。

■必須の帳簿は、

・青色申告をするのなら、《複式簿記による記帳》が義務です。
 これ、エクセルでもアクセスでも作成可能です。しかし、税法は変わりますし、
 個人事業者用の会計ソフトは非常に廉価です。市販のソフトを購入する方が良いと思います。

・白色申告なら、記帳義務ありになる平成26年以降も、エクセルで作成して充分だと思います。

                                     (…続く)

 

 

 

(この記述内容はあくまで一般的なケースでかつ詳細は割愛しています。ご了承下さい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。