・・・前回の続き

■所得の種類は、概ねその名称のとおりですが、わかりづらいものとして、

・不動産を持っていたとして、不動産の貸付による利益=不動産所得
・不動産を持っていたとして、不動産を売った利益=譲渡所得

・株を持っていたとして、株を売った利益=譲渡所得
・株を持っていたとして、配当をもらった利益=配当所得

・常に発生するわけではなく、たまたま得た利益=一時所得・・(例)懸賞で車が当たった

・他のどの所得にも当てはまらない利益=雑所得・・(例)年金

■所得の種類により計算過程に違いがありますが、基本的な考え方としては、

・”収益”―”費用”=”利益”
 ↓
・”利益”―”所得控除”=”所得”
 ↓
・”所得”×”税率”=”税額”
 ↓
・”税額”―”税額控除”=”所得税額”(納める額)となります。

 

 

(この記述は内容詳細は割愛し、用語を省略したり言い換えています。ご了承下さい)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。