◎会社にも、個人にも、[利益⇒所得]に対して税金がかかります。

◎会社には、法人税+住民税
◎個人には、所得税+住民税

■所得税の計算は、まず、”所得の種類”がスタートです。
(この点が会社と異なります。会社の利益には”所得の種類”などありません)

■個人の所得の種類

・利子所得 ・配当所得 ・不動産所得 ・事業所得 ・給与所得
・雑所得   ・譲渡所得 ・一時所得    ・山林所得   ・退職所得

(10種類もあるので、所得税の勉強を始めた頃、お経のように、
 リーハイーフージーキュウーザツージョウイチサンタイ と覚えました。懐かしい……)

■10種類の所得は、さらに2種類にカテゴライズされます

・総合課税=各々の所得をすべて合算してから、税額を計算します
         [給与所得、事業所得その他]

・分離課税=各々に対して、それぞれの税額を計算します
        [退職所得、譲渡所得の一部その他]

所得税の税率は”超過累進税率”ですので、上記分類が税額に影響します。

                                   ……続く

 

 

(この記述は内容詳細は割愛し、厳密な用語は省略したりしています。ご了承下さい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。